安全靴にも様々な種類があります

重機やそれに基づく材料など取り扱っている工場や、溶接などの火花が飛び散る作業場などの職場には常日頃、危険があふれています。
そんな危険を少しでも軽減するために用いられるために大勢の方が愛用されている靴が安全靴です。
この靴を使用することで足元に重いものが落ちても大けがをせずにすみ、溶接など多用していても靴が燃えることをせず、電気に対してもしっかりと帯電処理をされているとても優秀な靴です。
これらの効果のために一般的に本革を使用しています。
ですが、安全靴はとても重く、本革使用のために機動力があまりありません。

なので、機動力重視を目的とした軽量化した安全靴も作られています。
こちらは本革使用ではなく、もと軽い素材で作られています。
これは物凄く軽いですが、しっかりと安全靴としての効果もあるので、もし何かと移動する職場の方はこちらの安全靴がお勧めです。
ですが、やはり短所は存在し、一番の短所は寿命が極端に少ない事です。
本革は使い続ければ1年はもつのですが、軽量化されたものは頑張っても半年をすぎたころからぼろぼろになってしまいます。
なので安全靴は職場などにおおじたものを使用することが一番効率がいいと思います。